豊胸、あるいは、豊胸手術というと、何を思い浮かべるでしょうか?多分、「シリコン」という言葉を、思い浮かべる方が多いと思います。最近は、美容に関心のある方なら、「脂肪注入」というのもありかもしれません。
豊胸手術というと、シリコンがまず最初に挙がる理由は、どんな形であれ、シリコンを使用する方法が、昭和の初期から行われている方法で、長い歴史があるからでしょう。また、確実に豊胸効果を出すためには、シリコンを使用するしか方法がなかった時代が、長かったのも、事実です。過去には、シリコンジェルを直接バストに注射していた時期もありますが、現在は、この「シリコン」は、袋状になった状態で使用され、バッグ挿入術という手術として、行われています。
次に挙がる「脂肪注入」ですが、これも脂肪吸引が始まった、1970年代(昭和中期)から存在する方法です。しかし長年、確実な豊胸効果を出せる方法ではありませんでした。注入した脂肪の、ほとんどが吸収されて、なくなっていたためです。また、しこりの発生も多く、これが乳がんに間違えられて、乳房を全切除してしまう事件につながって、アメリカで事実上の禁止になっていた時代もありました。しかし、2010年代に入って、幹細胞の応用や、注入する脂肪の加工技術と注入技術の改良を通して、リバイバルし、現在に至っています。
そして最近は、2000年代に流行した、「プチ整形」という言葉とともに、ヒアルロン酸・アクアリフト・アクアフィリング・アクティヴジェルなどを使用した、ジェル注入型の豊胸術も、人気があるようです。ちなみに、ヒアルロン酸以外の、これらのアクアリフト・アクアフィリング・アクティヴジェルは、学会関係から、使用に関する強い警告が発せられ、事実上の使用禁止となっています
そして南クリニックが、世界的に先駆けて提供を始めた、バストグロウ。これは、再生医療の研究からスピンアウトした方法です。 当院は、第3種再生医療提供機関(相同利用)として、審査・登録済みです。 これまでの豊胸術が、「何かを入れて体積を出す」というものではなく、成長因子をバストに補充することで、乳房の成長を促し、豊胸効果を獲得するというものです。

バストグロウは、クーパー靭帯に囲まれた乳腺に対しても、その作用を及ぼして、サイズアップを図れます。そういった面では、出産・授乳によってしぼんでしまった乳腺組織を再生する注射ということもできます。また、作用の主体が皮下脂肪組織ですので、乳腺ではなく、乳房全体の再生と言うこともできるでしょう。