(症例写真)左右差修正・バストグロウWを5回

軽度の漏斗胸にて、右胸が左胸よりもかなり小さい状態のモニターさんです。 バストグロウWでの修正を希望されました。 豊胸としては、ほんの少しの効果でいいとのことでしたが、ブラジャーのパッドでは、左右差の修正が不可能とのことで、左右差の修正をメインに行っています。

術前の状態では、どのメーカーのブラジャーでも、右胸と左胸には、2カップ以上の差があり、パッドでの修正は不可能だったとのことです。術後は、カップサイズがほぼ揃い、ほとんどのブラジャーで、パッドでの左右差修正の必要がなくなったとのことでした。

バストグロウには、バストグロウWとバストグロウFがあります。これはあくまでも、正確な実証的なデータに基づくのではなく、印象に過ぎませんが、左右差の修正ということでは、バストグロウWのほうが、優秀のように思われます。それは、バストグロウWの場合には通常、女性ホルモンの補充を行わないため、片方の胸のみに豊胸効果を作用させることができるためです。それに対して、バストグロウFの場合には、成長因子の入った薬液を片胸のみに注射したとしても、女性ホルモンが両方の胸に作用するため、左右差の修正という意味では、効果に誤差が生じやすいためです。