(症例写真)バストグロウWを10回 その6

バストグロウWを5回のところでも紹介している、40歳代前半の、出産・授乳経験のあるモニターさんです。10回の術後の写真も、最終処置日から3ヶ月が経過しています。豊胸効果が、より、加速して出ていることと、形もかなり良い状態だと思われます。


気にしていた、バストの上のほうのボリュームは、5回終了後に既に改善しており、全体のサイズとのバランスを考慮して、次の5回は、全体的な豊胸を目指しました。当初は、出産・授乳によって、しぼんでしまったバストの、妊娠前の状態への改善を目的として、バストグロウWを開始しました。5回を終了して、バストのサイズと張りは、取り戻せた状態です。しかし、授乳期のバストの大きさが忘れられないというのが本音のようで、5回終了後に、更に5回のバストグロウWを受けました。バストは、授乳前に、ホルモンの影響で、その準備として、乳腺やその周辺の脂肪層が肥大化します。この段階では、元々のバストサイズを大きく超えます。その時の記憶が、バストのサイズを授乳前の状態に戻したいというのを大きく超えて、妊娠前からの理想のサイズにしたいとの希望が、前面に出てくるのだと思います。そして授乳期が終了すると、肥大した乳腺や脂肪層は元の状態に戻り、加齢とともに萎縮していきます。この段階での失望感と喪失感が、豊胸手術へと、女性を誘うと理解できます。この萎縮した乳腺や、その周辺の脂肪層の萎縮を再生させるとともに、さらに増やすことによって、豊胸効果を獲得できるのが、バストグロウWの効果です。