(症例写真)バストグロウFを3セット その12

豊胸目的にて、バストグロウFを3セット施行した、モニターさんです。術後の写真は、ちょうど3ヶ月を経過した時点のものです。

バストグロウFは、バストグロウWに即効性を持たせた方法ということができます。しかし、処置をして初期のうちは、バストグロウ本来の効果である、バストが成長した状態ではなくて、注射した薬液で、乳房が膨らんでいる状態です。特に最初の2週間は、麻酔薬や注射処置自体の影響もあり、予定のサイズよりも大きくなっています。処置後10~14日で、それらの膨らみが落ち着き、予定のサイズになるのですが、その時点ではまだ、バストグロウFの薬液本体の体積によって、豊胸効果が得られているにすぎません。その後、約3~6カ月かけて、バストグロウFの薬液が徐々に吸収されていきます。すると、薬液が吸収されていくと同時に、薬液から周辺の組織に成長因子が放出され、周辺の組織の成長が始まります。つまり、約3~6カ月かけて、薬液と自分の組織が入れ替わっていくと思えば、分かりやすいと思います。

しかしながら、薬液の吸収と、乳腺・皮下組織などのバストの組織の成長の間に、タイムラグがある場合があります。その場合には、術後2週間を超えても、バストが小さくなっていき、その後、次第に予定の大きさまで成長していくという経過を辿ることになります。バストが小さくなっていくと言っても、バストグロウWのように、一旦、元の大きさに戻ってしまうということではありません。あくまでも、予定の大きさよりも、一時的に小さくなるということです。しかし、ここでは心配には及びません。その後、3ヶ月から6カ月かけて、徐々にバストが成長を始め、最終的には、予定の大きさ以上のサイズになっていきます。