(症例写真)バストグロウFを5セット その1

バストグロウFを、一回の処置で5セット注射したモニターさんです。年齢は40代後半。出産経験あり、授乳経験ありです。写真は、術前と術後3か月目のものです。しかし、モニターさんの話によれば、3カ月以上経過しても、まだ成長中とのことで、今後もまだ期待が持てているとのことでした。

実際、術後6カ月目までは、バストがすこしづつ成長を続ける患者さんも、多く経験しています。

当院のバストグロウは、「何かを入れて、その体積で豊胸効果を出す」というのもではなく、あくまでも、バストの成長を促すものです。これが、バストグロウFの場合であっても、この基本的なコンセプトは変わりません。バストグロウFの豊胸効果は、処置直後からしばらくは、注射したものによるものですが、その後、注射したものが少しづつなくなっていくと同時に、成長因子がゆっくりと皮下組織や乳腺に作用し、豊胸効果を獲得します。したがって、術後長期にわたっての経過では、やはり、自分のバストが成長するということです。つまり、何かを入れて盛り上げるのは最初のうちだけで、本質的には、バストの成長(=グロウ)と言うことができます。

バストグロウFはバストグロウWと違って、注射液にねんちょう性が加えられています。ねんちょう性とは、粘り気があるという意味で、ドロドロしたジェル状のものということです。このような、ねんちょう性のある注射液は、通常の完全な液体の注射液とは違って、脂肪層に注射されると、ゆっくりと周辺に拡散しながら吸収されていきます。したがって、その中に成長因子があれば、吸収と同時に、ゆっくりと周辺の組織に拡散し、その分、バストに成長因子が留まっている期間が長くなり、より強力に豊胸効果を発揮できます。つまり、有効成分である成長因子を、より多く一度に注射できるだけでなく、より高い効果を期待できるというわけです。