(症例写真)バストグロウFを9セット その2

年齢は20歳代半ばで、出産授乳経験のない、やせ型の体型のモニターさんです。術前のバストサイズに左右差を認めますが、本人さんの希望として、左右差の修正よりも豊胸を優先するということでした。治療スケジュールとしては、まず、バストグロウFを5セット施行し、その後、4セットを追加施行しています。

写真は順に、術前・5セット施行後・追加4セット施行後、となります。追加4セット施行後の写真は、最終処置後約3ヶ月経過時点のものです。

バストグロウFは、注射する薬液に粘凋性を持たせたバストグロウです。粘凋性とは、ゼリー状でドロドロしているということです。この粘凋性によって、注射されたものは、ゆっくりと吸収されます。その吸収される間、注射液は成長因子を周辺に放出し続け、バストの組織を増大させていきます。成長因子がバストに留まりつつ、長い時間、皮下脂肪組織や乳腺に作用するということです。そして、注射液はゆっくりと吸収されますので、術後すぐの豊胸効果は、注射液による膨らみです。しかし、最終的には、100%自分の組織による豊胸効果に変化します。簡単に言えば、術後の経過中に、注射液と自分の組織が、次第に置き換わっていくということができます。また、成長因子がゆっくりと放出されるため、一度にできる注射の量を多くできます。バストグロウWの場合は、1回に1セットしか注射できませんが、バストグロウFは、1回で5セットまでの処置が可能です。しかし、元々のバストが小さく、授乳・出産の経験がない方の場合、一度に5セットの処置を受けると、どうしても張り感が強く出て、それを痛みとして訴える方がいます。その場合には、2セットか3セットづつに分割して処置を受けるのが、お勧めです。