(症例写真)バストグロウFを3セット その2

バストグロウFを3セット行った、モニターさんです。年齢は30歳代半ばです。サイズは少しだけで、全体的に張りを戻したいという主訴で、バストグロウFは3セット施行ということになりました。結果的には、十分に張りが戻り、サイズ的にもそれなりの向上が観察されています。術後の写真は、処置後3ヶ月を経過しています。

術前の写真では目立ちませんが、こちらのモニターさんも、やはりバストの上のほうのボリュームが欲しいということでした。術前の写真で、バストの上のほうのボリュームロスが目立たないのは、一つは姿勢がいいこと、二つ目としては、胸郭の形が、欧米人女性的に厚みがあることが、大きな要素だと思われます。

姿勢が良いこととは、立っているときや座っているときに、背筋が伸びて、きちんと胸を張った姿勢でいられるということです。このことは、プロポーションの上で非常に大切なことで、この姿勢をいつも崩さないことが、バストを魅力的な形に見せ、下腹部の出っ張りを引っ込めることになります。正しい姿勢は、プロポーションも美しく見せます。しかし最近、このような姿勢が、普段からキッチリと取れている方が少ないように思われます。あくまでも私見なのですが、原因はスマートフォンにあるのではないかと思っています。スマートフォンを見るときのことを思い出してください。知らず知らずのうちに、首を前に突き出すような姿勢になっていないでしょうか?俗に言う、「スマホ首」と言うやつです。このような姿勢を長時間、しかも毎日とっていると、のぞき込む姿勢で頭を支えるため、その力を分散しようと、背中の上のほうが前のほうに曲がってきてしまいます。肩こりや背中が凝るというのは、このためです。そしてその下に位置する腰に関しては、背中や首とのバランスを取ろうとして、今度は後ろに曲がってきます。さらにその下の骨盤は、前に倒れるような形になってきます。これらの脊椎の曲がりの変化は、前述の肩こりや腰痛の原因になるばかりか、バストを引っ込める形で、下腹部を突き出した状態にしてしまうのです。

では、このような姿勢は、どうやって治すのか?ということになります。それは、スマートフォンの操作時間を長時間にしないことや、操作の合間のストレッチをしっかりと行うことでしょう。さらに、歩行時にはスマートフォンの画面を、のぞき込まないことです。歩きスマホは、美容にも大敵だということは、覚えておいて、損はないと思います。